【歯周病治療】歯ぐきが腫れた・血が出るという方

歯周病治療

歯周病とは、歯をささえる骨や歯肉の病気です。

たとえば家を想像してみてください。家も土台が悪いとぐらぐらして、ついには倒れてしまうでしょう?このメカニズムは歯周病も同じです。歯周病は、歯の土台である歯槽骨がだんだん無くなっていき、ついには歯が抜けてしまう怖い病気なのです。

歯垢が石灰化し歯石になると、歯と歯肉の付着部分に隙間(歯周ポケット)ができます。炎症が歯肉内部に進むと、歯根膜や歯槽骨が破壊されて歯を固定する力が弱まり、放っておくと最終的に歯を失います。

このページでは、当院の歯周病治療メニューと、そのメカニズムについてご紹介します。

重度の歯周病にも対応した幅広い歯周病治療メニュー
歯周病の進行具合と治療方法について

 

重度の歯周病にも対応した幅広い歯周病治療メニュー

スケーリング歯周病治療
スケーリングとは、歯の表面の歯垢・歯石などを除去し、表面を滑らかにする治療方法です。歯石の表面はザラザラしているためプラークが付きやすく、付着したプラークが落ちにくくなります。

歯石は一度取ってもしばらくすると再形成されるため、定期的に歯科医院で取ってもらう必要があります。歯石を取ることでプラークが付きにくい状態にし、歯周病を改善します。

歯肉切除
歯肉が腫れあがっている場合、歯周病が悪化しないようにこの不要な部分の歯肉を切除し、安定のため縫合します。比較的簡単な手術で、短時間でおこなうことができます。

歯周ポケット掻爬(そうは)術
歯肉に麻酔をして、歯周ポケットの中の歯石や歯垢を除去する手術です。歯周ポケットの深さが6mm程度の比較的軽症の場合におこないます。

フラップ法(Fop)
歯肉(歯肉)を切開して歯槽骨から剥離し、露出した歯根のプラークや歯石の除去、歯槽骨の清掃、およびダメージを受けた歯肉などの組織を除去して歯肉を元の状態に戻します。
 

歯周病の進行具合と治療方法について

軽度歯周病歯周病の進行具合と治療方法
歯と歯肉の間に、プラーク(歯垢)や歯石がたまり、細菌の繁殖により歯肉に炎症が起こった状態です。歯肉の腫れや出血などを伴います。

この段階であれば、歯科衛生士によるブラッシング指導や、1~2回の歯のクリーニングをおこなうことで、比較的短期間で回復します。

中等度歯周病歯周病の進行具合と治療方法
口臭や出血がひどく、歯石の付着も目立ち、専門家が見れば歯肉にも炎症を起こしているのが確認されます。徐々に骨が後退しはじめ、歯周ポケットも深くなり、歯も動揺してきます。

この段階では、歯の表面に沿って歯肉溝の奥まで付着した歯石を取っていきます。痛みを感じる時は麻酔をして無痛状態の上でおこないます。さらに、数回にわたって除石をおこない歯肉の状態が改善された後に検査をおこないます。

重度歯周病歯周病の進行具合と治療方法
さらに進行し歯肉は化膿して、真っ赤に腫れます。骨もかなり破壊されて後退し、歯の動揺がグラグラと大きくなっています。重度の場合、非外科処置では対応できない部位があれば歯周外科にて対応します。それでも保存不可能な場合は、残念ながら抜歯となります。

お気軽にご相談ください

「歯が痛む」「歯ぐきが腫れた」 「歯を白くしたい」 「インプラント治療を受けたい」など お口の悩みがある方は、各医院へお電話ください。

  • 歯科用CTを導入しました!
  • 二宮さくらんぼ歯科
  • 大矢部歯科医院
  • 秦野駅歯科
  • さくらんぼ歯科
  • ららぽーと横浜さくらんぼ歯科
  • 日吉本町さくらんぼ歯科