【インプラント】見た目の美しさ、機能的にも優れた最新の治療法

インプラント

抜いた、または、抜けてしまった歯を元の状態に戻すには、「入れ歯」「ブリッジ」「インプラント」の3つの治療方法があります。

インプラントなかでも、私たちがお勧めするのは「インプラント」治療です。インプラントはあごの骨にチタン製の人工の歯根を埋め込み、それを土台にして人工の歯を装着する治療方法です。隣の歯を削らないので、ほかの歯に負担がかかりません。見た目の美しさ、機能的にも優れた最新の治療法です。

このページではインプラント治療についてご説明します。

インプラントの最大の特徴は、"天然歯に近い噛み心地"
「インプラント」「入れ歯」「ブリッジ」との違い
インプラント治療の流れ

 

インプラントの最大の特徴は、"天然歯に近い噛み心地"

インプラントの最大の特徴従来、入れ歯では食べづらかったおせんべいなども、バリバリと食べることができます。カケラを詰まらせる心配もないので、嫌な痛みもありません。部分入れ歯やブリッジのように、他の健康な歯を削る必要がないのも、大きなメリットでしょう。

インプラントは、普段と同じように歯を磨いておけば、口臭に悩まされることもありません。見た目も天然の歯と同じです。ですから、大きな口をあけて大声で笑うこともできます。

<インプラントの特徴>
・何でもよく噛める
・入れ歯のような不快感がない
・ブリッジのように他の歯を削る必要がない
・他の残っている歯を守ることができる
・見た目も美しい
 

「インプラント」「入れ歯」「ブリッジ」との違い

インプラント「インプラント」「入れ歯」「ブリッジ」との違い
ブリッジと比べて、両隣の健康な歯を削る必要がありません。また、入れ歯と比較した場合、隣の歯にバネなどを引っ掛ける必要もないので残っている健康の歯が長持ちします。噛むチカラが強く、見た目も天然の歯と遜色ありません。

部分入れ歯「インプラント」「入れ歯」「ブリッジ」との違い
両隣の健康な歯をほとんど削らずに済みます。とはいえ、バネで両隣の歯に止めるため、不安定で噛む力は弱くなり、硬いものが噛めなくなるといったデメリットがあります。また、異物感が強いうえ、見た目も悪く、ものが挟まって痛い、入れ歯が合わなくて痛いなどのデメリットがあります。

ブリッジ「インプラント」「入れ歯」「ブリッジ」との違い
部分入れ歯に比べると安定しており、噛む力も回復するため自分の歯に近い噛み心地があります。とはいえ、ブリッジを支える両隣の歯を大幅に削る必要があります。また、噛み合せたとき両隣の歯に負担がかかるため、さらに歯を失っていく原因になります。
 

インプラント治療の流れ

ステップ1.カウンセリングインプラント治療の流れ
失われた歯の数・インプラントを埋め込む骨の量や質・位置、何本インプラントを埋めるかなど、治療の計画を立てます。ここでは2回法を紹介していますが、1回法を選ぶ場合もあります。
次へ
ステップ2.インプラントを埋め込む手術インプラント治療の流れ
ドリルなどの専門の器具を使い、インプラントを埋め込みます。
次へ
ステップ3.治療期間インプラント治療の流れ
1次手術の後、2~4ヶ月ほどでインプラントと骨が強い力で結合します。
次へ
ステップ4.歯肉を開く手術インプラント治療の流れ
歯肉を開いて人口の歯を取り付ける準備をします。
次へ
ステップ5.人口の歯を製作・装着しますインプラント治療の流れ
歯肉が治った時点で型を取り、人口の歯を作ります。形や色は患者さんにあわせて製作し、インプラントを取り付けます。

※メンテナンスと定期健診について
インプラントを長く使用できるかは、毎日のケアと定期的なチェックがとても大切になってきます。装着後、半年に1回の定期健診をオススメします。

歯科用CT導入による充実した治療設備

CTこの度当院(ららぽーと横浜さくらんぼ歯科)では、安心・安全でハイレベルな治療を実現する目的で、歯科用CT(RevoluX)を導入いたしました。

通常、レントゲンでの撮影画像が2次元(平面)での情報把握に限られるのに対して、歯科用CTでは3次元での立体画像で奥行きが加味されたものとなり、患者さんの口腔内環境をより具体的にイメージすることが出来ます。さらに、従来の歯科用CTでは把握が難しかった骨質(骨の硬さ)の診断までが可能な装置になっています。

加えて日本におけるTOPシェアを占めるアイキャット社によるインプラント手術支援システムを採用することで、撮影したCTデータを専用ソフトに取り込み、患者さん毎のあごの骨の硬さや形・神経の位置などをより詳細に確認しながら診断することが可能になりました。

CT

歯科用CTのメリット
・通常の医科用CTに比べて低被ばくであること(1/15程度)
・短時間での撮影が可能(約20秒程度)

CT例えばインプラント治療の場合、あごの骨の中に人工歯根を埋め込む施術において、あごの骨がどういう形態になっているのか、また神経はどの位置にあるのかなどを立体的に診ることができるため、リスクを回避したより精度の高い治療が可能となります。

また、撮影を外部機関に委託する必要もなく実際の手術時間の短縮にも寄与するため、患者さんご自身の負担軽減にも繋がります。

インプラント治療以外にも
・根管治療
・歯周病治療
・親知らずの治療
・顎関節症の治療

など様々な治療においても有効に活用することで、「治療の総合的な精度アップ」が可能となりました。

お気軽にご相談ください

「歯が痛む」「歯ぐきが腫れた」 「歯を白くしたい」 「インプラント治療を受けたい」など お口の悩みがある方は、各医院へお電話ください。

  • 歯科用CTを導入しました!
  • 二宮さくらんぼ歯科
  • 大矢部歯科医院
  • 秦野駅歯科
  • さくらんぼ歯科
  • ららぽーと横浜さくらんぼ歯科
  • 日吉本町さくらんぼ歯科