【当院の小児歯科の特徴】

小児歯科

当院では、お子さんが怖がらないように笑顔で話しかけたり、時には医院に用意してあるおもちゃで遊んでもらいながら治療をおこなっています。じっさい、「子どもが歯医者を嫌がらなくなった」というお母さんからの声も少なくありません。

また傍らには、ユニットモニターを設置(※)。お子さま治療(小児歯科)の際に、アニメや映画などのDVDを観賞していただく事により歯科医院への恐怖心を少しでも和らげていただける様に努力します。

【豆知識】お子さまを持つお父様・お母様に知っておいて欲しいこと

「食べ物の口移し」にご注意ください豆知識
新生児・乳児期・赤ちゃんは、お口の中が無菌状態で産まれてきます。そこから様々な要因で虫歯菌や歯周病菌が入り込みますが、その菌がおおよそ生後1年までに入り込まなければ、その後は虫歯・歯周病になりにくい体質になるといわれています。

一番確率の高い感染源は、ご両親などからによる「食べ物の口移し」です。食べ物をフ~フ~とさます際にも菌が付いてしまいます。お子さまへの愛情こもった行為が結果的に、虫歯になりやすい環境をつくってしまうのは切ないことですが、丈夫で健康な歯を形成するためです。

生えたての歯は虫歯になりやすい
歯が出てきたら生えたての歯は、弱い状態で出てきます。そこからいろいろな環境のなかで少しずつ歯の組織が完成していきます。この期間は非常に虫歯になりやすい状態ですので、しっかりと歯を磨く習慣をつけて虫歯にならないようにしてあげてください。

仕上げ磨きを丁寧におこなってあげてください
幼児期・学童期・歯ブラシについて乳歯は歯の溝が深く形が複雑なので、磨き残しも多くなります。その上、歯の生え変わり時期なので歯並びの変化などで歯磨きが難しくなります。

特に新しく出てくる永久歯は低い位置にあたるため、お子さまが一人で磨いていても最後に仕上げ磨きを丁寧におこなってあげてください。

指しゃぶりなどの癖は早めに改善しましょう豆知識
歯並びについて指しゃぶり、唇を吸いながら噛む、舌で唇を舐める、爪を噛む......など、いろいろな癖が歯並びや顎の形に大きな影響を与えます。2歳頃までには癖がなくなる様に少しずつなおしていきましょう

しっかりと「噛む」習慣を身につけさせましょう
最近、歯ぐきのトラブルである歯周病にかかっている人が、若年層でも多くみられるようになってきました。原因としてジャンクフードなど、軟らかい食べものの登場による「食生活の変化」が挙げられます。

「噛む」ということは、歯の周りのお掃除にもなります。噛んだときに細かくなった物が歯に当たり、当たることでキレイになります。また、「噛む」ことで唾液の量も増え、唾液の中に含まれるいろいろな成分により歯が強くなったり、歯のまわりについた汚れを洗い流してくれるのです。

左右どちらか一方で噛んでいると、顎の変形の原因になるだけでなく、歯ブラシの状況とは関係なく、噛んでいない側に汚れがつきやすくなります。左右の歯でバランスよく噛んでいるか?も定期的にチェックしてあげましょう。

お子さまにも楽しく通っていただけます

ガチャガチャガチャガチャ
毎回の治療が終わったあと、ガチャガチャを小児にやって貰っています。
年齢制限はありませんので、やりたい方はどうぞお申し出ください。

ヴィジュアルマックスヴィジュアルマックス
アニメや映画などのDVDを観賞していただく事により歯科医院への恐怖心を少しでも和らげていただける様に努力します。

お気軽にご相談ください

「歯が痛む」「歯ぐきが腫れた」 「歯を白くしたい」 「インプラント治療を受けたい」など お口の悩みがある方は、各医院へお電話ください。

  • 歯科用CTを導入しました!
  • 二宮さくらんぼ歯科
  • 大矢部歯科医院
  • 秦野駅歯科
  • さくらんぼ歯科
  • ららぽーと横浜さくらんぼ歯科
  • 日吉本町さくらんぼ歯科